フォトニック育毛  


BBクリーム

冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン 冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン



エアー緩衝材

冷凍LED育毛


ISO:9001 2008

株式会社 日本メディクス

毛根に光エネルギーを


 どんなに素晴らしい育毛剤でも、頭皮の状態が良くなければ効果は半減します。
 頭皮の柔軟性・血行が良ければ育毛剤が大活躍をします。
 頭皮の皮脂異常分泌や加齢による硬直、日常生活におけるストレスなどは
 毛髪にとってのトラブルファクターです。
 それには皮膚の代謝機能を正常化することが大切なことです。
この度、世界でも始めての光線 ( 光波動エネルギー ) フォトニックを発売いたしました。本器は 650nm の光エネルギー ( 近赤外線 ) を頭皮に照射する事によって、生体の細胞レベルにおいての連鎖運動を起こさせ、血流を増大し、血行を高めて、頭皮に必要な栄養や育毛剤などの有用性を高める機器です。
フォトニックと育毛剤が相乗効果を生む !
フォトニックトリートメントとは・・
  フォトニック(光波動)の持つ 650nm (ナノメーター)のエネルギーが皮下組織近くまで作用し、細胞がこのエネルギーを吸収、蓄積し、その結果 細胞の高分子組織の運動エネルギーが高まります。  
 その結果、血行が良くなり、皮膚の温度は上昇し、生体組織の回復力、抵抗力などの自然治癒力が強化されます。 従って育毛剤の浸透、経皮吸収が良くなり、より高い効果が発揮されるのです。 

 650nm の波長を持つ光波動エネルギーは赤外線と可視光線の間にあり、この近赤外線は生命光線とも呼ばれ人体に有用で安全なモノです。
 生命の最大の特質は、物質代謝を行うことと自己複製を行うことの二つですが、加齢と共にこの様な自己の機能を低下させていきます。 これらの働きを担う物質がタンパク質と核酸 ( DNA )であり、その構成単位となる分子は、アミノ酸、核酸塩基、糖などとなっております。生命は光を中心に水・硫化水素などを原料として生命のエネルギー源となる ATP ( エネルギー蓄積分子 ) や NADH2 ( 電子を供与する分子 ) といった分子を合成していますが、この分子合成には電子の流れが重要な役割を果たしています。
 フォトニックは特殊ガス中に高速な陽子や電子ビームを通過させ、減速させて近赤外線に近い 650nm ( ナノメーター ) の光を放出し、連鎖的に高エネルギー粒子を生みだして多種のアミノ酸や、核酸塩基など生体有機分子を生成します。 細胞運動が連鎖的に生じますので、活性化が高まり、賦活作用も活発化し、健康な頭皮になろうとする皮膚そのモノが持っている、自然のパワー ( 人間本来が持つ自己回復力 ) を最大限に引き出し、その機能を促進させます。

◎ フォトニック照射による皮膚温変化

  下図の写真は手のひらの下部(左下の影の部分)にフォトニックを照射しただけで ( 照射時間35秒 ) 2分13秒以降は手のひら全体の温度上昇がハッキリと確認出来ます。

フォトニック照射イラスト


皮膚の変化

使用前

1週間後

1日5分間使用
◎ 使い方 
フォトニックの発光部を頭皮に軽く当てて1ヶ所 10~60秒 毎に移動し、1日に 3~5分 程使用します。
尚、頭皮に炎症を起こしている場合は 3~5mm 程離して使用して下さい。
フォトニックは、細胞間で連鎖運動が生じますので、照射しない部位の血行も良くなり皮膚温も上昇してきます。

 本器は軽量 ( 本体185) ですので、場所を選ばず何処でも、お客様のお手入れにご活用頂けると存じます。 詳細は、無料体験セミナーを行っておりますので、お気軽にご相談下さい。
尚、育毛顧客 満足度 ナンバーワン( 過去20年以上の実績 )の極低温療法(-180度)・冷凍育毛 をご紹介します、併せてご検討宜しくお願い致します。
  
冷凍育毛と極低温療法の使い方


販売価格 ¥98,000(税別)
  ( 業務用・高出力タイプ、電源アダプター付 ) 




フォトニック




製造発売元:

株式会社 日本メディクス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-2-2
TEL 03-3225-9315 
http://www.jmedix.co.jp
 
近日発売予定


銀杏酵素 +
LED

冷凍美容専門店
テレビ紹介番組
日本テレビ 「アメカフェ」
日本テレビ
「世界一受けたい授業」
フジテレビ 「F2-X」
TBS 「極低温健康法」
雑誌取材記事
シュシュ 2008年 13号
ヴォーチェ 2008年7月号
フラウ 2009年 3月号
グラマラス2009年 6月号
 当ホームページの文章、画像などの全部、または一部を日本メディクスの了承なく引用・複製、使用することを禁じます。
Copyright(C) 2008 Japan medix Co.,Ltd. AllRights Reserved.