冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン  
冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン 冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン 冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン 冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン 冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン 冷凍美容 極低温美容 美容機器 クライオサロン
冷凍LED育毛
 
株式会社 日本メディクス
 
関連事業
マンダラミュージアム
フォトニック


ホームケア用
専用美容液、組合せ例



フォトニック美容システム
 フォトニック(PHOTNIC)の名称は、粒子としての性質をもつ光のPHOTON(光子)からつけられました。フォトニックは650nm(ナノメーター)の波長を持った近赤外線で、肌に一番穏やかに浸透しやすく、美容学的に最も効果的な波長である事から、フォトニックはその波長の原理を応用して独特な方法で作られました。フォトニックから発する紫色の光線は肌の深部に浸透し、細胞に働き細胞を短時間に活性化する事が出来る画期的な美容機器です。  光には二つの性質があります、一つは光の“波動性”であり、もう一つは光の“粒子性”があります。光の波動性から考えた電磁波は、人間や動植物にさまざまな生理作用をもたらす粒子性をもっています。この光粒子はかなりのエネルギーを有し人体にさまざまな生理活性作用をもたらします。このような光の作用を光電効果と言っています。

多くの生物の細胞は、光によって誕生し、生長し、更に光によって活性化をしています。もちろん、人間の細胞も同じように光エネルギーを吸収する事により、活性化し生命を維持しているのです。
 生体を化学的成分より見ると、65%は水分であり、タンパク質が20%、電解質が13%であり、脂肪、含水炭素がそれぞれ約1~1.5%です。そこで、マクロ的には生体は、水分とタンパク質(その他電解質)から成り立つと考えられます。これらの物質はまた、分子によって構成され、その分子は原子との結びつきによって機能しています。
タンパク質は一次元の鎖状の高分子ですが、それらがラセン状になったり、側枝を出したり、複雑に、立体的に組合わさって網状構造になっていることが多く、これらの分子や原子がくっついたり離れたりする機能は一定のリズム(波動)を持っています。分子レベルでの光吸収は可視光線に近い近赤外線領域で起こります。
 そこで、フォトニックを当てれば、その光エネルギーが比較的皮膚下の浅い部分に作用し、分子吸収波動と光波動エネルギーが分子レベルで相互に作用し合い、細胞分子は互いに吸収・共鳴しあい、光エネルギーが体内に蓄積できます。分子運動エネルギーにより皮膚組織の温度上昇につながります。
 人間の生体細胞に共鳴・吸収しあい、現代人のストレス精神・肉体の消耗に対し、フォトニックの光エネルギーの適度な吸入作用により生体組織の回復力・抵抗力等の自然治癒力を強化します。
 使用方法:美顔の場合、フォトニック光線と同調するように作られた専用ジェルを塗布して1ケ所 5秒~20秒程度、全体で5分程度トリートメントします。



皮膚温度変化


皮膚変化


〈目的〉

 フォトニックは肌の衰え、シミ・シワ・ニキビ等の肌に効果的です。そして、その効果を日々実感する事が可能です。

〈メカニズム〉
 フォトニックの光エネルギーは肌の深部である基底層に迄働きかけて健康な細胞の成長を促します。その結果肌周期が28日周期に調節され健康な肌となり肌のキメが整い、正常な角化が行われ、続いてシワ・シミ・ニキビにおかされている細胞の代謝が促されトラブルが解消されていきます。
 肌のトラブル、いわゆるシワ・タルミ・シミ・ニキビ等は、細菌感染のような特殊な原因を除いて、食生活のアンバランス、不規則な生活、精神的なストレス、間違ったお手入れ、肌に合わない化粧品、過剰な紫外線、乾燥の他、加齢でも発生します。
これらのトラブルは、それぞれの原因により、細胞の正常な営みである角化機能、汗線、皮脂腺、リンパ、毛細血管の血流、正常な細胞形成機能の異常となって起こります。


〈取扱方法〉
フォトニックに電源アダプターを装着してから、電源コンセントにアダプターを差し込んで使います。アラーム音で約5分間のトリートメントが完了し電源が切れます。再度使用する場合は、POWERスイッチを押すことによりトリートメントができます。使用後は電源コンセントから必ず抜き、発光部をティッシュペーパーで拭いておきます。

〈注意事項〉
 肌の敏感な人、炎症のひどい人、ニキビの悪化している人、毛穴の開いている人等は電気刺激を感じる事があります。しかし、肌にトラブルが発生する事はありません。
又、これらの人特にニキビの人は細胞活性効果が高い為、ニキビの進行が早く、悪化したように感じる事がありますが、これは早期改善されている一時的現象であるため心配はありません。このようなトラブルは、そのトラブルの症状に応じたお手入れを行って初めて改善されていきますし、改善にかかる時間も短縮する事が可能です。

〈フォトニック専用ジェル〉
“フォトニック専用ジェル”は、フォトニックの効果をより効果的にする為に、フォトニックの光波動に同調するように作られたフォトニック専用機能性ジェルです。
 フォトニックは紫色の近赤外線を発し、肌に穏やかに浸透し細胞の基本的な活性を促しますが、スキントラブルには様々なトラブルと症状がある為そのトラブルと症状を効果的にしかもすみやかに改善する為にには必要な成分と、肌に浸透しやすく処方されたジェルが必要となる為、フォトニック専用ジェルが開発されました。
尚、“専用ジェル”は、肌に有効成分が浸透しやすいように処方されており通常のお手入れ、エステティックサロンでの導入用ジェルとしても使用していただけます。

〈お手入れの仕方〉
フォトニックトリートメントは、まずクレンジングでメイクを落とします。(必ず洗い流します。)
次に洗顔料でメイクの洗い残しや、残留油分、老化角質、古くなった皮脂膜等を完璧に洗い流します。洗顔後の肌に専用ジェルを十分に塗布後、細胞の活性を促す為のトリートメントとして肌に直接発光部を軽く当てて3~5秒毎に移動し、一日約5分間使用する方法と、ニキビや炎症を起こしている場合はクレンジング、洗顔後の肌に専用ジェルを塗布後、炎症部の炎症を鎮静しながら細胞の活性を促す為のトリートメントとして肌から3~5mm位発光部を離して3~5秒毎に移動し、一日約5分間使用します。


仕様 (ホームケア用) 寸法(本体):210 X 85 X 40
  重量:約 185 g
  電源: DC 15 V
 AC アダプター使用


業務用には、高出力タイプを用意しております。
  当ホームページの文章、画像などの全部、または一部を日本メディクスの了承なく引用・複製、使用することを禁じます。
Copyright(C) 2008 Japan medix Co.,Ltd. AllRights Reserved.